なぜ高性能の家が増えてきているの??#02

 

 

2019年10月5.6日開催の完成見学会チラシ裏面のコラムをブログでもコラムとしてご紹介させて頂こうと思います。

チラシがこちら↓

 

 

前回のコラム

『なぜ高性能(高気密高断熱)の家が増えてきているの??#01住宅歴史編』の続編です!!

 

まだご覧になられていない方は下のボタンから#01住宅歴史編を読むことができます。

 

本題!!

なぜ高性能(高気密高断熱)の家が増えてきているの??#02

 

それは住宅を選ぶプロセスの段階に答えがあります。

 

 

住宅を選ぶ為のプロセス

① あたらしい家での暮らしを想像する

 

② 想像する暮らしに必要な要素や条件の情報収集

 

③ 収集した情報を整理する

 

④ あたらしい家の必要条件が明確になる

 

あたらしい家での暮らしを理想に近づけるために、情報収集は欠かせない要素ですが実はこれ以上に大切な要素が『③収集した情報を整理する』です。収集した情報を実現するにあたって予算、必要性、費用対効果、メリット、デメリットなどを検討することであたらしい家のテーマ(基本理念)が決まります。

 

この段階で住宅性能がよい家を希望する方が増えたことが冒頭の答えになります。

 

 

 

 

住宅性能がよい家のメリット・デメリット例

 【メリット】

・漏気を減らして省エネと快適性の向上をすることでランニングコストを低減できる。

・壁体内に通気層と気密層を設けることで壁内結露を防止し構造体の長寿命化が可能になる。

・結露の抑制はカビやダニの繁殖をくいとめハウスダストが引き起こす疾患の予防手段になる。

・各部屋の温度差を解消することでヒートショックになりにくく身体への負担が軽減される。

・気密性が高いことで、すきま風など外気の自然流入を防ぐことができる。

 

 

【デメリット】

・建築費用、設備費用がかかる。 

・調理臭、ペット臭が気になる場合は別途工夫が必要。

・気密層に穴を開けないように気をつけなければならない。

・夏は日差しを入れない工夫が必要。

 

 

 

住宅性能にはグレードがある

 近年の住宅及び住環境は、地震時の安全性、夏涼しくて冬暖かいといった室内の快適性、光熱費が抑えられる省エネ性など性能の需要が高まっています。
そして性能がいい家と一言でまとめるのではなく

住宅性能のグレード=等級を知ることで、どの性能基準にして 選んで行くのかが大きな分かれ道になります。

知らずに後悔されるより、知ってから選ぶことが先決だと私たちは考えます。

 

 

 

高性能な住宅を体感すること

室内温熱環境は、写真や言葉では伝わりにくいので完成した家の見学をすることをおすすめします。

そこで体感した経験をもとに、自身が求める居心地がいい家の室温環境を把握することができます。

また、ナッカデザインでは定期的に完成見学会を開催しています。

 

 

10月5.6日で完成見学会をしたお家の性能数値は

Q値   0.83w/㎡k

UA値 0.25w/㎡k

 

C値    0.07c㎡/㎡

 

 

 

 

2019年10月5日6日の完成見学会の受付は終了しました。

次回の完成見学会のご案内が必要な方はお問い合わせから

住所、お名前をお知らせください。ご案内状を送らせて頂きます。

 ↓

 ↓

 

 

 

 

 

UNILUX(ユニルクス)社のご紹介

 

 

今日はUNILUX(ユニルクス)さんについてご紹介させて頂きます。

 

 

 

UNILUX(ユニルクス)は、1955年創業のドイツのサッシメーカーです。

 

 

 

 

HISTORY

 

ドイツ南西部にあたるトリーア近郊のザルムタールで大工であったニコラス・ミース氏が木製の窓やドアを製作したことからスタートしました。

創業以来「妥協のない品質の製品だけを工場から出荷する」という高品質でなおかつ細部までこだわった製品は広く知れ渡り、

これによりミース氏は製品に対する高まる需要に応えられないという問題に直面し、

ミース氏が最初の木製窓を手作りしてから70年、製作の場は最先端の工場施設に徐々に進化しユニルクスはゆっくりとヨーロッパの主要な窓とドアのメーカーに成長しました。

 

 

2014年にUNILUX(ユニルクス)は創業1843年WERU(ウェル)と合併により両社の製品が強化されドイツ最大の窓とドアのメーカーになりました。

 

http://unilux-windows.com/history参照

 

 

 

 

製品の魅力

 

 

【 優れたエネルギー効率 】

UNILUXの精巧な製品仕様は、省エネルギーにおいて大変優れています。

ドイツの省エネルギー条例であるEnEVでは、窓の熱貫流率を1.3W/㎡K以下と定めています。

 UNILUXのIsoStarのU値は0.76W/㎡K、IsoPlusのU値は0.79W/㎡Kと最高等級レベルのエネルギー効率です。

最高水準の断熱性で室内に充分な暖かさと快適をもたらします。

 

 

【 ガラス性能の高さ 】

UNILUXの窓は、全て2重断熱ガラスを標準採用しています。

更なるエネルギー効率の高さのご要望にもお応えできるよう、3重ガラスも用意しています。 

この3重ガラス(トリプルガラス)は、更なる断熱性能の高さとなっていますが、ガラスが1枚増える分の価格については2重ガラスとほとんど変わりません。

 ガラス性能が非常に良いため、大開口になればなる分だけ窓としての性能が高くなるというメリットもあります。

 イニシャルコスト、ランニングコストともメリットとして実感していただける製品です。

 

 

 

【断熱性能を高める構造】

ガラスのスペーサーには、フレームにはウォーム・エッジスペーサーを採用しています。 

6区画のチャンバーシステムを採用し、ガラスの間の中空層とウォーム・エッジスペーサーで、さらに断熱性能を高めています。

 窓周辺の快適性のみならず結露の発生についても大幅に抑えることができるなど、パッシブハウスにも最適です。

 

 

 

2019年10月の完成見学会のお知らせ

 

2019年10月5日6日の完成見学会の受付は終了しました。

次回の完成見学会のご案内が必要な方はお問い合わせから

住所、お名前をお知らせください。ご案内状を送らせて頂きます。

  ↓
  ↓ 

 

 

 

今回のチラシはデザインはコチラ


 

 

 

チラシ裏面コラム

『なぜ高性能(高気密高断熱)の家が増えてきているの??#02』

 

 

 

チラシでインフォメーションご案内させて頂いた詳細をご紹介させていただきます。

 

 

10月5日

今回採用のドイツ製の樹脂窓

UNILUX(ユニルックス)の販売店の方が窓の特徴と性能について実物をみながら解説していただけます。

 

UNILUX(ユニルックス)についてのブログ

 

 

 

 

 

 

10月6日

今回採用のドイツ製の洗濯機

Miele(ミーレ)の販売店の方が2019年7月1日から日本国内販売を開始した

最新型の洗濯機特徴と性能について実物をみながら解説していただけます。

 

Miele(ミーレ)についてのブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

完成見学会参加のススメ

 

 

「高性能な家を建てたい」

 

「ナッカデザインはどんなお家がつくれるの?」

 

「何からしたらよいかわからない」

 

  「土地もまだないんです…」

 

 

 

 

そんな方は是非お越し下さい。

 

弊社スタッフが、家づくりのお手伝いをさせて頂きます。

 

 

①住宅展示場にはないリアルご要望がわかる。

 

注文住宅の完成見学会は実際に住む方の暮らしに合わせたご提案しているのでリアルな暮らし方やその雰囲気を体感出来ます。

 

 

 

②「理想の暮らし」が発見できる

 

図面や写真ではなく実際自分の目で見て体感することで、間取り、つかっている素材を参考することで具体的にイメージできるようになります。

 

 

③いろいろ質問できる

 

新築のこと、リフォームのこと、住宅性能など、なんでもお気軽にご相談下さい。

 

 

 

お問い合わせ先: 

TEL:(084)963-7647
FAX:(084)966-8090


有限会社 N's
住所: 広島県福山市神辺町道上556-5
mail:nacca.design@gmail.com