· 

コーディネート色選び

今回は、お好きな色でのカラーコーディネートが見つかるように、仕分けをした画像を見ながら、カラーコディネートされた色味と明度を解説していきます!!

 

 

 

 

流行りのくすみカラー


くすみカラーは、ライトグレイッシュと言われるカラートーンの色です。

クロスのカラーバリエーションでも、ライトグレイッシュのカラーが増えました。

ナチュラルモダン、シンプルモダン、ボタニカルのテイストに多いカラーコーディネートです。

爽やか、優しい、のんびり、くつろぎなどの印象になります。

 

黒×グレイ×白 カラー


内装の仕上げカラートーンをホワイトからライトグレイのカラーでまとめ、インテリア、家具でブラックやダークグレイをプラスしていくモダンコーディネートの代表です。都会的、シンプル、スタイリッシュといったカラー印象になります。

 

白黒グレイにコーティネートに木目を加えると少しナチュラルなテイストがプラスされます。

 

ディープカラー


ディープカラーの特徴は、色を特徴づける、赤、黄、緑、青色味がはっきりしており、色の明るさは暗めのトーンです。

ミッドセンチュリー、アメリカンビンテージのインテリアコーディネートに多い配色です。

シック、レトロ、都会的、大胆、フォーマルなど色の組み合わせ方で印象が大きく変わります。

 

ミッドセンチュリー、アメリカンビンテージのコーディネート違いは、素材の質感と仕上げにあります。
素材の質感と仕上げの話は、次のタイミングで解説させていただきます。

 

 

 

ダークカラー


ダークカラーの特徴は、色を特徴づける、赤、黄、緑、青色味が少なく、色の明るさは暗めのトーンです。

和モダン、オールドブリティッシュ、インダストリアルのインテリアコーディネートに多い配色です。

落ち着いた、クラシック、アンティーク、伝統的などがカラー印象です。

 

ソフトカラー


ソフトカラーの特徴は、色を特徴づける、赤、黄、緑、青色味が柔らかく、明めのトーンです。

ナチュラル、カントリー、北欧、フレンチ、に多い配色です。

自然、可愛らしい、爽やか、日常的などがカラー印象です。

 

 

 

色選びする際のイメージや印象、カラートーンについて解説させていただきました。
インテリアコーディネート、カラーコーディネートをする上で統一感を出す為に大切なポイント。

素材、質感、テクスチャーについて、次回解説していきたいと思います。

 

※今回の画像は弊社施工例ではなく、インテリアフリー素材を使用させていただきました。

 

お問い合わせ先: 

TEL:(084)963-7647
FAX:(084)966-8090


有限会社 N's
住所: 広島県福山市神辺町道上556-5
mail:nacca.design@gmail.com