· 

解説!!断熱性能の違いについて

今回は断熱性能の違いについて書きたいと思います。

まず断熱材の役割が分かるイメージ図をごらんください。

 

 

右図:低い断熱性能の家、左図:高い断熱性能の家。

 

壁の熱貫流率=断熱性能がことなる

※数値が小さい方が断熱性能が高い

 

断熱性能が違うことでおこること

・室内温度は同じ20℃になるが温めるための消費電力が高い断熱性能の家の方が安い。

・室温温度は同じ20℃だが、体感温度がことなる。

 

なぜ体感温度がことなるのでしょう??

その理由は、熱が移動しているからです。

熱は暖かいほうからから冷たい方へ移動し、高い所から低い所へ移動します。

 

 

結果

冬は冷たい空気が低い場所に留まり足元が冷えるだけでなく、

床や壁や天井の表面温度が室温より低いため、冷たい床に体温を奪われ寒く感じるのです。

 

夏場は

床や壁や天井の表面温度は室温より高いため、蓄熱した壁や天井から熱が放射され熱く感じるのです。

 

 

 

体感温度の算出方式はいろいろありますが、一番簡単なものは壁、床、天井の表面温度から求めることが出来ます。

 

体感温度=(室温+表面の温度)÷2

 

 

断熱と気密のバランス

しっかり断熱をしても外部と内壁の間に金属や柱などの熱を伝える部分の熱橋(ねっきょう)箇所やすきまがあれば、断熱材への投資効果は期待できません。

熱橋箇所やすきまあると、温度差が生じて結露がおこり、柱や断熱材の腐食、カビ・ダニの発生につながります。

断熱施工と気密施工はセットで考えてください。

 

 

 

最後に

 

高い断熱性能の家づくり大切な3つ数値ポイント

 

①断熱性能

UA(ユーエー)値=外皮平均熱貫流率

Q(キュー)値=熱損失係数

 

②気密性能

C(シー)値=相当隙間面積

※これまで計測された実績参考値

 

③省エネ性能(住宅の燃費)

年間冷暖房負荷[KWh/m2・年]

 

 

この3つの数値を確認して比較してみてください。

数字の値が小さいほど、躯体(建物)性能が高い家になります。

 

お問い合わせ先: 

TEL:(084)963-7647
FAX:(084)966-8090


有限会社 N's
住所: 広島県福山市神辺町道上556-5
mail:nacca.design@gmail.com